最新記事

現在の日本人は、スマートフォンなどの使用頻度が、とても増えるようになりました。
こうした機器を使用するためには、目への負荷が高くなるために、視力低下を起こす人が増えています。
また、こうした機器を使用する頻度が高いのは、若い世代ほど顕著になります。
そのため、若者がコンタクトレンズを使用する割合も、増加するようになってきているのです。
このような、若者のコンタクトレンズの使用状況において、新しくカラコンが登場してきました。
カラコンは、先述のような視力矯正を目的にしないて、ファッションの一環として利用され始めました。
しかし、ファッションであるがゆえに、度付きのものは、あまり流通していなかったのです。
ところが、旧来の視力矯正を目的に使用していた人においても、カラコンの利用が普及し出しました。
その背景となっているのが、度付きのカラコンの販売が盛んになってきたことです。
こうしたことから、現在は視力矯正とファッションを、同時に行うことが可能になってきています。

町田・八王子のご自宅まで犬のしつけ
を行いにお伺いします

加齢に伴う加齢黄斑変性についてお悩みの方は田村眼科までご相談ください。